2020/12/28 電子書籍セール情報&2020年ご挨拶

 こんにちは(*´ω`*)

 今日、誕生日でして、色んな方に「おめでとう」を言って頂けたり、自分で買ったアイスケーキが届いたかと思って喜んでいたら、プレゼントを沢山頂いたりで、朝から幸せ気分で過ごしています。

 まず今年のご挨拶を。

 2020年、電子・紙合わせて8作を世に送り出す事ができました。

 そして夢の一つだったコミカライズも叶える事ができて、本当に幸せです(*´ω`*)

 少し振り返り……。


5月

●夢中文庫プランセ『堕ちて幸せ!?~魔王の妻ですが天界と魔界の争いに真紀子AMレテ居ます~』

 コロナ幕開けとなってストレスいっぱいの5月で、新年になってから4月までずっと何もお知らせができなくて、ようやっとお知らせできる……! と思ったお話です(笑)。

 初めて続編という物を書かせて頂けて、そういうのができるのも、電子ならではの自由さだな……と思いました。

 ルーファスが好きという声を結構聞きますので、皆さんに好かれてありがたい二人だなぁ……と思っています。


●ルキア『前世で一目惚れされた魔王にしつこく愛されています』

 人生初、受賞した作品です。佳作ですが、受賞……なのです(笑)。いつか、何かのコンテストで華々しい賞を取ってみたいな……という夢はありますが、今は目の前のお仕事をコツコツ書かせて頂く事に集中したいと思います。

 あまり表で言っていないだけで、一次にも満たず落ちていたりとかザラです(笑)。

 そんな中、人生初受賞できたので、思い入れの深いありがたい物語です。

 ヒロインは聖母っぽい巨乳のうっとり美女が好きなのですが、ベアトリクスのようなビシッとした女騎士も大好物だったりします。


6月

●エタニティブックス赤『皇太子殿下の容赦ない求愛』

 こちらも人生初、web小説からの書籍化したお話です。書籍化するに当たって結構直して、本来あったシーンが削れたり……などもありました(笑)。でもプロの編集者さまの手に掛かって、シュッとした物語になったかな……と思います。

 Hシーンがもともとより増えて、糖度高めとは思いますが(笑)。

 架空の国フラクシニアの、運命を感じた時の「今、星が瞬いた」という言葉はまったくの創作なのですが、割と気に入ってくださった方が多いようで何よりです。


●濃蜜ラブルージュ『素直になれたらご褒美をあげる~極上CEOと地味OLの寵愛シンデレラ・マリッジ』

 創刊時にえまる・じょん先生のドキッとする表紙イラストでずっと気になっていたレーベル様から、お声を掛けて頂けての一作目です。

 今までネタを思いついてはノートに書いていて、その中でも「普通の商業TLなら書けなさそうだな」という物も結構あったのですよね。

 このお話はSMクラブの女王様がスパダリに愛されて、最終的にドMになる……という話だったのですが(笑)。それを書かせて頂いた濃蜜ラブルージュ様に感謝、感謝です。

 Hシーンの直しも結構な熱量でして、さすがエロスに力を入れているレーベル様! と思いました。


7月

●メローチュ文庫『絶倫な凄腕社長は世話係に甘すぎるっ!!』

 こちらも創刊したての新レーベル様にお声を掛けて頂きました。まだ現代ものってそれほど慣れておらず、今思うと少し未熟なお話だったかな……と思っていますが、直流と美愛のポンポン言い合う会話などは、とても気に入っています。

 私のお話ってねっちり執着するヒーローが多いのですが、直流は珍しく正統派……とは言いませんが、表裏のなさそうなスパーンとした人で気に入っています。


8月

●ハニー文庫『いじわるな義兄にいびられると思ったら溺愛されました!?』

 ハニー文庫様での2作目です。奇しくも炎かりよ先生と別々の出版社さまでご縁があっての、今年二回目のお話です。

「もしも『シンデレラ』の意地悪なお姉様が意地悪なお兄様で、溺愛されたら……」というテーマで考えたお話で、最終的にとてもこじれた義兄ができあがりました(笑)

 エルシーへの小さい頃の意地悪は、ちょっとやり過ぎ……というお声が多く、それは少し反省しています(笑)。

 中学生の時、そんな風にちょっかいを掛けられていた記憶があるので、「こんなもんかな……」と思いつつ、確かにリドリアの場合はやりすぎだと改めて思いました(笑)。

 でも、芯の部分はいい男ですよ!(きっと)


9月

●濃蜜ラブルージュ『淫獣の執着愛~初恋夫婦と甘い罰~』

 早くも2作目です。えまる・じょん先生に担当して頂けて、えっちー! な表紙を描いて頂けて大満足です。タイトルロゴで涼真の乳首が隠れてしまいましたが(笑)

 着物美女を書くのが好きなので、挿絵がないとは言え、それでも楽しかったです。

 心に傷のあるキャラを書くのが好きなので、そういう意味でも美桜が乗り越えられていけた描写は、自分でもお気に入りです。


10月

●オパール文庫ブラックオパール『狂気の純愛』

 森原八鹿先生とまた組めてのブラックオパールで、感慨深いです。

 思いっきり、力一杯書かせて頂きました。本来ダークなお話を書くのが好きで、それを自由に書いてもいいよっていうレーベル様が、今の私にはブラックオパール様なので、本当に楽しかったです。

 このお話で、ファンレターを10通近く頂いたので、どなたかの胸には刺さったのだな……と思って、本当に頑張って良かったなと思っています。

 去年の『英国系御曹司』も本当に気に入っているお話なのですが、その後、年賀状を頂いた方にルーサー視点のSSを……と思ったら同人誌の長さになりまして(笑)。「ああ、自分はここまで〝書き切れていなかった〟んだな」と感じました。

(ルーサー視点のSSは、Storyのページに置いてあります)

 それに対して『狂気の純愛』では、沙織視点も、逸流視点の心情もすべて書けた気がするので、思い残す事のない物語にできたという満足感があります。


12月

●オパールコミックス『英国系御曹司の異常な愛情』

 私は原作者としての立場なのですが、夢の一つだったコミカライズを叶えられて本当に嬉しいです。これからも連載は続いていきますので、城之内先生の世界を存分にお楽しみください!


 そして現在オパール文庫公式サイト『レクラン』にて、新連載『吸血鬼の淫執愛』が連載されています。

 こちらも個人的に思い入れの強い物語で、力一杯書かせて頂きました。

 どうぞ宜しくお願い致します。


**


 さて、長くなってしまったのですが、以下電子書籍のセール情報を。


●honto様



 内容は画像にありますので、該当URLを……。

 こちらから、honto様での私の対象作品ページへと飛べます。


●Renta!様


 メローチュ文庫さまの『絶倫な凄腕社長は世話係に甘すぎるっ!!』が、Renta!様にて1月7日まで、300円でレンタルできるようになっております。

 該当ページはこちら


●レクラン様


 ティアラ・オパール文庫公式サイト『レクラン』様にて、『英国系御曹司の異常な愛情』とアンソロジー『シンデレララブ』12月28日~1月11日まで半額となっております。

 該当ページはこちら


 年末年始なのでこれからまだセール情報が出るかもしれませんが、今のところはこちらの三件で……。


**


 来年もお知らせできるものが、現状8作ほどありそう……な感じですので、お付き合い頂けたらと思います(*´ω`*)

 2021年もどうぞ宜しくお願い致します!


 2020/12/28 臣桜